源さん気まぐれ日記

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

2011年1月1日(土) 明けましておめでとうございます

元旦は朝4時に秋宮にて歳旦祭です

参集殿前に整列
カイユウ
参進:太鼓
修祓:若宮社前
参進
宮司一拝
開扉:壱越調調子(笙:山光、篳篥:松和)
献饌:胡飲酒破
祝詞
玉串:武徳楽
撤饌:酒胡子
閉扉:壱越調調子(笙:山光、篳篥:松和)
宮司一拝
音頭=龍笛:小一、篳篥:松和、笙:山光

8時からは本宮にて執り行われます
その間に産土宮の熊野神社と行者様のところへ初詣に行ってお札とお荒神様を頂いてきました

本宮8時
龍笛:小一、守佳、吉理  篳篥:松和、宮源  笙:山光
宮司一拝(壱越調調子、山光、松和)
献饌:胡飲酒破
祝詞
玉串:賀殿急
撤饌:陵王(舞楽吹き)
宮司一拝(壱越調調子、山光、松和)

蛙神事
献饌:酒胡子
祝詞

御占神事
御占
御頭郷読み上げ
玉串:胡飲酒破
撤饌:陵王(舞楽吹き)
宮司一拝(壱越調調子、山光、松和)

特殊神事で長時間の為体の芯から冷えました。朝4時の神事よりとても寒い神事です

2011年1月3日(月) 元始祭

3日は元始祭で本宮10時、秋宮2時です
上社本宮、龍笛:小一、古寛、守佳  篳篥:松和、宮源  笙:山光

参進
宮司一拝:太食調調子(山光、松和)
献饌:合歓塩(音頭:古寛)
祝詞
玉串:傾盃楽急(音頭:古寛)
撤饌:輪鼓褌脱(音頭:古)
宮司一拝:太食調調子(山光、松和)
退下
穏やかな空模様と二時間遅いので元日とは比べ物にならないほど寒く感じませんでした
参拝者も多いようです
帰りに諏訪湖畔を通りましたが箱根駅伝の効果でしょうか走る人が多く見受けられました

太食調の曲はそれぞれ味がありますし特徴があります、輪鼓褌脱は龍笛の聞かせ所が数箇所あります
本日は三者三様で誰も合っていませんでした、午後は修正してくると期待しています

午後2時下社秋宮にて元始祭
参進
宮司一拝
開扉:太食調調子(山光、松和)
献饌:合歓塩(音頭:小一)
祝詞
玉串:傾盃楽急(音頭:小一)
撤饌:輪鼓褌脱(音頭:小一)
閉扉:太食調調子(山光、松和)
宮司一拝
退下

今年は着替えの応接室に直会の用意がしてありました
飲める人は二人でしたが美味しく頂きました

さて午前中のリベンジでの輪鼓褌脱で午前より良い演奏になりました
あと3箇所の掛け吹きを慌てずに合わせれば本物に近くなります
龍笛の「五」の音が一部メルのだけど平調調でしこまれた人は稀に全部メッテしまいます
合歓塩はその辺りが難しいけど楽しめるところです

只拍子の輪鼓褌脱と還城楽なんだけどまったく別物に感じるのも面白いし

2011年1月10日(月) 練習始め

繰り替え休日の為か少ない人数でした
龍笛、古寛(電話が来て早退) 篳篥:松和、宮源
合奏は無し

篳篥
六調子の演奏
朝倉音取独奏(松和)
意調子
小音取独奏(松和)

輪鼓褌脱の唱歌・演奏
壱越調賀殿急の唱歌・演奏
春楊蛯フ演奏

以上練習始めでした

2011年1月11日(火) 火曜練習始め

龍笛:小一、古寛、浜健、田淳、宮久、田祥、守佳、青利
篳篥:小正、有せ、宮源

合奏は
長慶子管絃、唱歌・演奏(音頭:浜健)
倍臚、唱歌・演奏(音頭:守佳)
雙調賀殿急、唱歌・演奏(音頭:田祥)
平調越殿楽、唱歌・演奏(音頭:青利)
平調越殿楽の唱歌はキーが高くなっていた
賀殿急の中頃から少し上ずっていたのかも知れない

龍笛の皆さんはしばらくぶりの曲でも唱歌を歌えば吹けるようになってきました
篳篥は別メニューで練習をする必要が有りそうです

まだ今年の抱負は聞いていませんがU先生教室で方向性が出てくるような気がします

2011年1月17日(月) 月曜練習

昔1月17日は山之口祭と言って元旦から入れなかった山に入るのを許された日です
実際には18日からが解禁日ですが
毎月17日は山ノ神月次祭なのですが今では廃れて一月のみ行なわれています

諏訪大社秋宮での月曜練習は行なわれましたが本日も合奏はしませんでした
篳篥:宮紀、松和、小正、宮源
六調子を壱越調から順に 1:松和、2:小正、3:宮紀・宮源
宮紀さんは練習始めなのと新年に近所の神社で奉楽したとのことですのでその時吹いた曲を
平調越殿楽唱歌演奏(音頭:宮紀)
黄鐘調越殿楽唱歌演奏(音頭:小正)
盤渉調越殿楽唱歌演奏(音頭:松和)
小正さんの希望曲
壱越調合歓塩の唱歌演奏(音頭:小正)
宮紀さんが五常楽急も吹いたと言うことで
五常楽急の唱歌演奏(音頭:宮紀)
ところが短い所も息を全部使っているので間延びがして合奏に入れません
音頭の部分の唱歌をやってもらいそのまま吹いてもらいましたが何回やっても理解できないようでした。松和さんがたまりかねて指摘すると直しました

演奏後自分の唱歌演奏を録音して聞くと早く上手になれますよと、何回目かの誘導をこないましたがやってもらえないかも知れませんね

越殿楽は治っていたので曲による思いこみがあるのかも知れません、どの曲も同じだと
言うことが理解できれば飛躍的に上達できるかも知れません

2011年1月18日(火) 火曜練習

龍笛:小一、古寛、青利、浜健、田淳、宮久、守佳
篳篥:小正、有せ、宮源

浜健君と小一さんは別メニュー
白柱の唱歌演奏(音頭:田淳、小正)
越殿楽の唱歌演奏(音頭:古寛、有せ)
合歓塩の唱歌演奏(音頭:青利、小正)
皇じょう急の唱歌演奏(音頭:宮久、有せ)
五常楽急の唱歌演奏(音頭:守佳、小正)
長慶子の唱歌演奏(音頭:小一、有せ)
長慶子舞楽吹きの唱歌演奏(音頭:田淳、小正)

浜君はしっかりした音程を出してくるようになりました。安定してきました
宮久さんも本管に慣れてきたようです

多分次回のU先生教室で言われると思うけどと言って「譜面から目線を離しなさい」と
皆さんに忠告しました
目線を離す努力をしてるのは田淳・守佳さんです。小正さんもやってますが見落としが
多いです、しかし慣れれば問題なく行けると思います
目線を離すようになれば飛躍的に上達するようになります

2011年1月24日(月) 月曜練習

篳篥:小正、松和、宮源

六調子の調子 1:松和、2:小正、3:宮源
朝倉音取を一人ずつ一回と課題部分の練習

春鶯囀一具の練習をしたかったけど譜面を持ってない人がいたので取りやめ

迦陵頻音取を一人ずつと課題部分の練習
迦陵頻急の舞楽吹きの唱歌と演奏 3回目の適当なところで途中止手(音頭:松和)

倍臚音取を一人ずつと課題部分の練習
倍臚破の八多良拍子で3回唱歌、演奏(音頭:小正)
倍臚急(新羅陵王急)の唱歌演奏(3回目の適当なところで途中止手)(音頭:松和)

胡飲酒序の唱歌演奏(二回まわし)
序吹き独特のフリーリズムが難しいですね、良く聴きこむしかありません

まだ冬なので蘇莫者序破の方が良かったかもしれない
とりあえず時間が来てしまい本日終了となってしまいました

胡飲酒の序破は穂高神社で使う可能性があるので練習しておかないと
それに迦陵頻と胡蝶と陵王は暗譜しないと・・・・・

2011年1月31日(月) 月曜練習

明日遷座祭があるので職員が泊り込みなのと節分の備品が準備されているので
練習場所が参集殿になりました。とても寒い中での練習でした

当初龍笛は古寛一人なので篳篥:宮紀、松和、宮源それぞれの壱越調の音取に
合わせてもらいました。小正さんがきたのであとは篳篥3人と古寛さんで
残り5調子の音取

春も近いので雙調の酒胡子の唱歌演奏(音頭:古寛、宮紀)
ここで龍笛の守佳、田淳さんが来たので雙調の音取をやってもらい
胡飲酒破の唱歌演奏(音頭:守佳、松和)
鳥急の唱歌演奏(音頭:田淳、宮紀)
陵王の唱歌演奏(音頭:古寛、松和)
武徳楽の唱歌演奏(音頭:守佳、小正)
賀殿急の唱歌演奏(音頭:田淳、宮紀)
で時間となりました
リズムを取れるようになってきました。出来ないところは抜かして先に合わせられる
ようになってきたようです。唱歌を歌って直ぐに吹くので判りやすいと思います

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

info@364.jp
Akiary v.0.61